おすすめマンガ

面白いおすすめのマンガを紹介していきます

【漫画版】「マルドゥック・スクランブル」 ネタバレ

マルドゥック・スクランブルとは

「マルドゥック・スクランブル」とは、冲方 丁・原作のSF小説である。

それがコミカライズされたわけである。

私は小説から先に読んだのだが、中々どうして凄い小説である。

人間の感情、思考が鮮烈に描かれていて、とにかく深い。

そんな超傑作SF小説の漫画版が登場したのである。

 

大筋は小説のストーリーをなぞっているが、細かい設定や描写は漫画独自の展開で描かれている。

しかし面白い、一気読み必至である。

あっという間に1巻を読み終えてしまった。

 

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※ 

 

あらすじ

異なる階層の人々が決して交わることができないように

設計された都市・マルドゥックシティ

 

その栄華を極めた都市の片隅で、15歳の娼婦・ルーン=バロットが賭博師「シェル=セプティノス」によって爆炎に包まれ、殺されようとしていた。

悠々とその場を立ち去るシェル。

バロットは炎に包まれ・・・

 

しかし、運命はバロットを見捨てなかった・・・

そこに現れたのは、派手な長髪の男、ドクターイースターと、

金色のネズミ、ウフコック=ペンティーノ。

2人はバロットを救出する。

まるで運命に導かれたかのように・・・

 

しかしバロットは声帯を失い、皮膚は焼けただれ瀕死の状態・・・

委任事件担当官であるイースターとウフコックは、

法的に禁止された科学技術の使用を許可される「スクランブルー09」という緊急法令を使いバロットを瀕死の状態から生き返らせる。

 

その結果、特殊能力を身につけたバロットはイースターから、シェル逮捕に協力するよう要請される。

あらゆる武器に変化(ターン)可能なウフコックを使い戦うように諭される。

 

混乱するバロットの選択は・・・!?

 

そんな中、現れたのはシェル側の委任事件担当官「ディムズデイル=ボイルド」。

彼はかつてのウフコックの相棒だった男。

そして兵器としてのウフコックを濫用した男だった・・・

ボイルドとウフコックの過去に何があったのか、とても興味深いところである。

 

シェルに雇われた最凶の敵・ボイルドが、バロットに襲い掛かる・・・!

 

巨大都市マルドゥックシティが狂気の血に染まろうとしていた。

 

 

みどころ

超傑作SF小説「マルドゥック・スクランブル」のコミカライズ版です。

緻密な設定はそのままに、漫画ならではの大胆な表現が冴えます。

15歳の少女ルーン=バロットの命と尊厳を懸けた戦いが始まります。

金色のネズミ・ウフコックをパートナーとして。

これから先のバロットとウフコックの関係も見どころです。

そんなバロットたちを狙うのは、賭博師・シェルが雇った、委任事件担当官・ディムスデイル=ボイルド。かつてのウフコックの相棒である。

ボイルドも禁じられた科学技術により特殊能力を持った一人。

常人には扱えないような大口径の銃を扱いバロットの命を狙う・・・

壮大で緻密な世界観の中で、繰り広げられる物語。

漫画版「マルドゥック・スクランブル」超オススメです。

 

 

 

 

漫画版「マルドゥック・スクランブル」は

コミックシーモアで無料試し読みができます。

身寄りのない15歳の少女が自らの生きる意味を問い、尊厳をかけて戦う。

超絶SFアクション「マルドゥック・スクランブル」読んでみてください。

 

 

コミックシーモア「【漫画版】マルドゥック・スクランブル」試し読みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

osumanga.com